糖質制限ダイエットの成功体験談|糖質カットで8kg痩せた!

【男性・50歳】
50歳男性会社員です。身長170センチで体重は糖質制限前が78キロ、現在が70キロです。

そもそも糖質制限ダイエットは始めるきっかけになったのが、会社の健康診断でした。

3年ほど前に血糖値で再検査になりましたが、食後血糖値は120程度で様子見のレベルでしたが、Hba1cが6.8となり基準値オーバー。

結果糖尿病と診断されてしまいました。その頃にはあまり気にしていませんでしたが、翌年には7.0半ばにまで上昇してしまいました。

因みに通院し飲み薬も飲んでいましたが、食生活を変えなかったためか薬の効果もあまり無い状況でした。本腰できちんと治さないといけないと思い自分なりに糖質制限を行うことにしました。

私が実践したのはスーパー糖質制限で、1日の糖質量が30~50グラム以下ということでした。

朝昼晩と炭水化物は一切食べずに野菜や鶏胸肉、豆腐などのタンパク質を中心にした食事を取っていました。

それに加えプロテインを飲み筋トレをすることで、体重は激減し始めてから1か月ほどで5キロ減りました。

しかしこの頃からどうしても甘いものやご飯に対する欲求が強くなり、一口食べると腹が膨れるまで止まらないと言う状況になってしまいました。

自分ではもうこれぐらいにしておかないとと思うのですが、途中では止められませんでした。

いわゆる糖質に対する禁断症状というものでした。それに体調もすぐれなくなり、少し動いただけでフラフラし体に力が入らなくなってしまいました。

それにHba1cも7.0後半、コレステロールも以前の1.5倍にまで上昇し、明らかにおかしな状態になっていました。

これでは糖尿病治療どころか死んでしまうのでは?と考え止めることにしました。

糖質制限のレベルを極端なものにせず、3食きちんと炭水化物を摂取する方法に切り替えました。

朝はご飯を茶碗半分にし鯖やシャケなどの魚中心、昼はご飯を茶碗3分の1ほどにしおかずは野菜を多めに取り、肉や魚などをバランスよく取る、夜はご飯を食べずに野菜やキノコを中心にしました。

このような食生活にすることで1日の糖質摂取量は100グラム程度になり、甘いものやご飯などに対する欲求も抑えられるようになりました。

なお、運動もきちんとほぼ毎日行うようにしました。

糖質制限の時にはジョギングをしても足が重く、疲労感を感じていましたが、糖質をある程度取るようにしてからはそのような体調不良も無くなりました。

やはり筋肉を分解して糖質に変えているという、新糖生が起こっていたようでそのまま無理をして続けていたら倒れるなど大変な事になっていたかもしれません。

糖尿病の治療には食事療法と運動療法が効果的で根本的だと思いますが、過度な方法ではいけないようです。

その目安が甘いものやご飯やパンに対する欲求や禁断症状の現れ方になると思っています。

きちんと自分に合った方法であればそのような事は起こらないので、目安にするといいと思います。
【27歳・女性】
ダイエット開始前は160cmの身長で52kgと普通体型ではありましたが、学生時代は45kg前後と痩せ型だったため、ぽっちゃりしてきたことに危機感を感じていました。

そのことを会社で話したところ、「糖質制限ダイエット」が短期間でも効果的と聞いたので、さっそく試してみたところ、なんと3ヶ月で47kgと5kgの減量に成功することができました。

社会人になってからは残業が続く仕事ということもあり、朝はコーヒーを1杯、昼は会社が入っているビルの飲食店で和食定食、夜はコンビニ弁当か牛丼といった生活を6年近く続けていました。

野菜はお昼の定食の付け合わせ程度で、かなり偏った生活でしたので、全て見直すことにしました。

糖質制限ダイエット、とはいっても全く米などの糖質を断ち切ってしまうと健康に良くないと思い、朝だけOKというルールを作りました。

まず、朝ごはんは食物繊維の多いと言われる五穀米やもち麦のおにぎりを1つと味噌汁、昼ごはんは定食屋さんでおかずのみ、夜はスーパーのお総菜コーナーで野菜、肉、魚などをバランスよく選び、米は食べないといった生活をするようになりました。

どうしても、これまでがっつり食べていた米がなくなると夜中におなかが空いてしまっていましたが、そういったときは我慢しすぎるとストレスを抱えてしまうので野菜スープなど身体が温まるものをとるように心がけました。

とにかく無理はしすぎず、食べたいときは糖質や糖分が多いもの以外を食べる。それだけを守るようにしました。

1週間程度で、少しポッコリしていた下腹がすっきりしていることに気が付きました。

これは効果があると思い、それ以降は食べる時間にも注意しようと思いました。残業が事前に分かっているときは、先に18時ころに休憩をとって晩御飯を済ませ、20時以降はスープ以外口にしないようにしました。

1ヶ月がたったころ、すっと3kg体重が落ちていました。体調不良もなく、むしろ肌荒れもなくなって冷え性も改善してきていいことばかりです。

ダイエットをすれば冷え性が悪化すると思っていましたが、バランスの良い食事と、間食の温かいスープがいい効果をもたらしたんだと思います。

3ヶ月続けた今、5kgマイナスになりました。あと2kgくらい落としてもいいかなとも思いますが、今は体重を減らすことよりもこの生活と体型をキープすることを目標に続けています。

これまでいくつかダイエットを試してみましたが、空腹が1番の敵です。

無理なく続けるためには、食べることに罪悪感を感じないことだと思います。一気に減らすのではなく、糖質を制限する場合はそれ以外の栄養素をバランスよくとることが大切だと実感しました。

菊芋は血糖値を下げる効能がある|菊芋を食べてみた体験談